日焼け止めの「SPF」とは

日焼け止めには「SPF」という文字とその後に
2〜50までの数字が表記されています

まずは「SPF」とは「Sun Protection Factor
(サンプロテクションファクター)」の頭文字を
とった略称です

地球上に降り注ぐ紫外線にはUVAとUVBの2種類が
あります

そのうちUVBはUVAの1000倍近い有害性があるとされ、
免疫力の低下や皮膚がん、白内障などの発症の可能性を
高めると言われています

このUVBという紫外線を防ぐ効果の指標が「SPF」
なのです

それでは2〜50までの数字は何を表しているかと
いうと、UVBによる日焼けをどのくらい遅らせることが
できるかという目安なのです

SPF1当り20分遅らせることが出来ると換算するので
例えばSPF30と書かれている日焼け止めを使用すると

20分 × 30(SPF) = 600分(10時間)

となります

ちなみに日本に販売されている日焼け止めには「PA」
という表示もあります

この「PA」はUVAをどのくらい防ぐことができるかを
表しています

UVAは有害性はUVBほど強くないのですが、やはり皮膚
に浴びるとシワやたるみの元とため、カットした方が
いいでしょう

「PA」は「+」で防止力を表し、「PA+」はやや効果が
あり、「PA+++」は非常に効果があるということを表して
います

この効果の指標はあくまで目安であり、使用条件下で
効果は必ず短くなるため、長く紫外線を浴びる場合は
こまめに塗り直しをしましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。