シミの原因となる日焼け

年齢を重ねていくにつれて気になってくる肌のシミ

特に女性の方は顔や腕などにシミを作らないために
あまり日差しが強い日には外に出ませんよね

日焼けはシミを作る原因なのです
正確には太陽光に含まれる紫外線が原因です

人間の皮膚は紫外線を浴びると、防御作用が働きます
皮膚の下層の真皮が紫外線に刺激されるとメラニン色素を生成し
紫外線から皮膚を守ろうとします

メラニン色素は真皮から徐々に表皮に移動し、直接紫外線をブロック
しようと働きます

この状態が日焼けをして肌が黒くなる過程なのです
若い時期は肌の新陳代謝が活発であるため、表皮のメラニン色素
は皮膚の循環(ターンオーバー)によって消えていきます

しかし、年齢を重ねるごとに肌の新陳代謝が退化し、メラニン色素
がきれいに消えなくなったり、部分的に残ってしまったりするのです

そうして消えなくなったメラニン色素が皮膚に沈着したものが
シミとなって残ってしまうのです

シミの予防対策は紫外線に当らないこと
しかし、全く紫外線に当らない生活をするというのはなかなか
難しいため、皮膚に紫外線が当ってもシミを作らない対策を講じなければ
いけません

それには肌の新陳代謝を維持するために、運動や入浴などで
発汗させたり、適度な睡眠を取ったり身体の健康維持に
注意しましょう

特にシミにはビタミンCが効果があると言われています
ビタミンCはメラニン色素を生成する働きを抑制し、シミを
薄くする作用があります
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。