日焼けによる火傷

日焼けをしてしまったら、それは皮膚が火傷を負っている
ことと同じであるため、火傷と同じ処置をしなくてはいけ
ません

比較的軽度の日焼けは皮膚が赤くなりヒリヒリとした
痛みを感じます

その場合はそれ以上紫外線に当らないように日陰に移動
しましょう

その後の処置としては火傷と同じように流水で冷やしたり
濡れたタオルで覆ったり出来るだけ患部を冷やす工夫を
しましょう

また紫外線を浴びすぎて水疱ができるほどの日焼けをして
しまった場合は無理をせず、医師に診断してもらった方が
よいでしょう

日焼けと言っても水疱ができる程になると、それはもう
立派な火傷であるため、素人の判断で対処するのは望ましく
ありません

そこまで酷い日焼けをしてしまうと本体皮膚が持っている
体温の調節や新陳代謝機能にも異常が発生している場合が
あるので、身体全体に倦怠感や悪寒が起こる可能性もあります

日焼けだと思って楽観視していると熱中症や脱水症状に
陥る危険性があることも十分注意してください

日焼けと言えど火傷と同じであるという認識を持って
日焼け止めの十分な予防対策をすることを心掛けましょう

最近では長時間使用可能な日焼け止めも販売されているため
海などの屋外で長時間スポーツをしても大丈夫のようです
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。