日焼けによる湿疹

日焼けした患部に小さな湿疹ができてしまう場合があります
これは「日光湿疹」と呼ばれる太陽光線、特に紫外線への
過敏症であるとされています

通常日焼けをすると皮膚が赤くなり、ヒリヒリとした痛みを
伴います

日光湿疹はその日焼けした患部に小さなブツブツとした
湿疹が現れます

日光湿疹はかゆみを生じるため、日焼けのヒリヒリとした
痛みを合わさり、痛かゆい感覚が持続します

この日光湿疹は赤ちゃんなどの皮膚がまだ未発達の乳児、
それと皮膚自体が弱い方にも見られます

今までは太陽に当っても平気だったのに、ある日を境に
急に湿疹が出るようになったという事例もあります

個人の体質に依存しているため、根本的な治療が
難しいとされています

紫外線に対してのアレルギー反応とも考えられるため
出来るだけ紫外線から皮膚を守る対策をしなければいけません

もちろんSPFが高い日焼け止めを塗ることで紫外線を
シャットアウトすることも有効ですが、皮膚が弱い方には
あまり刺激が強いものを使用しないようにしましょう

この日焼け止めクリームを塗ることで湿疹が発症する場合
があり、その中に含まれる紫外線吸収剤で湿疹が起こる
ケースもあるようです

日焼けは身体に悪いものであるということを理解した上で
出来るだけ紫外線を浴びないように日頃から日傘や帽子など
を使うようにしましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。