日焼けとニキビの関係

日焼けはスポーツマンの象徴…
誰が言ったか言わないかは分かりませんが、そういう
イメージがないことはありません

しかし、安易に日焼けをして、いつの間にかニキビ
できていたと言う話を聞いたことはないでしょうか

日焼けの原理は太陽光の中の紫外線を皮膚に浴びる
ことで皮膚の中でメラニン色素が生成され、そのメラニン
色素が紫外線から皮膚を守ろうとして皮膚の表面に
移動してくるのです

通常、このメラニン色素で黒くなった皮膚はターンオーバー
によって消えていきます

ところで、ニキビはこの日焼けをする過程で紫外線が
皮膚に詰まっている皮脂を酸化させ、皮膚内部でニキビが
出来ている状態を作ってしまいます

顔に出来るニキビは毎日鏡を見ていれば気が付くかも
しれませんが、日焼けで出来るニキビで多いのが

背中ニキビです

上半身に何も着ずに、紫外線を背中に浴び続けることで
本人も気付かない間に出来てしまいます

それじゃあ、日焼け止めを背中にたっぷり塗ればいいじゃ
ないかと思うかもしれませんが、その日焼け止めで
ニキビができる場合もあるのです

日焼け止めの油脂成分と皮脂とが混ざり合って毛穴を
塞ぎ、にきびになってしまうそうです

つまり、ニキビを作りたくなければ日焼けをしない
ことが前提なのですが、そうは言っても暑い日には
海やプールには行きたいものです

日焼け止めはSPFは低いものを使い、こまめに塗りなおし
をすることを心掛けましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。