日焼けがかゆい理由は

日焼けをすると皮膚がかゆくなるのは何故でしょうか
その原因として考えられる理由は2つあります

最も一般的な理由はヒスタミンの刺激によるものです
人間の身体には痛点という痛みを感じる場所があります

この痛点に強い刺激を与えると「痛み」として感じ、
小さい刺激を与えると「かゆみ」として感じます

ヒスタミンによる弱い刺激がかゆみの原因なのです
人間はかゆくなると、引っかくという行動で強い刺激
を与え、かゆみを抑えようとします

これが一般的なかゆみのメカニズムです

それではもうひとつの日焼けがかゆくなる原因は
「日光湿疹」と呼ばれる湿疹です

この日光湿疹は紫外線への過敏症であるされていて、
日焼けした患部に小さなブツブツとして湿疹が見られるのが
特徴です

皮膚が未発達な乳児などによく見られる症状ですが
大人であっても発症するケースがあります

紫外線に対してのアレルギー反応とも考えられているため
出来るだけ日焼けをしないことが一番の予防策になります

また、日焼け止めクリームを塗れば紫外線をブロックできる
ため日光湿疹の心配はない思うかもしれませんが

ある事例では日焼け止めクリームに含まれる紫外線吸収剤
などの成分が湿疹を起こす原因になるケースがあります

日焼け止めクリームを塗るときは刺激の少ないものを
何度も塗り直す方が皮膚への負担が軽くなります
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。