目の日焼けによるトラブル

屋外で長時間いた後に目が充血したり、乾燥したり、
何か違和感があると感じたことはありませんか

それは目を日焼けしているのかもしれません

日焼けは皮膚だけとは限りません
目も直接紫外線を浴びなくても日焼けする事が
あります

それは紫外線の反射による日焼けです
特に冬の雪山では足元に積もった雪が空から
振ってくる紫外線を反射し、陰にいても紫外線を
浴びせてくるのです

目が紫外線を浴びて日焼けをすると皮膚を同じように
炎症を起こしてしまいます

それが目の乾燥感であったり、違和感として
現れるのです

酷い場合は炎症により白内障を引き起こす可能性も
あります

目の日焼けを予防するためにはつばが広い帽子を
被ったり、サングラスをかけるなどの対策をしましょう

最近はUVカットコンタクトレンズも販売されている
ため、日差しの強い屋外に出ることが多い人は利用
してみましょう

また夏場はサングラスをかける人をよく見かけますが
色の濃いサングラスは瞳孔が開いてしまって、サングラス
の隙間から入る紫外線で目を傷めてしまうので、サングラス
は色の薄いものを選ぶようにしましょう

もし屋外で目が充血して痛くなったり、乾燥してきたら
日陰に移動して、濡れタオルなどでまぶたの上から目を
冷やしましょう

それでも痛みが治まらないときは眼科で診察して
もらうようにしましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。