顔の日焼け対策

顔を日焼け対策を怠るとすぐにシミやたるみなどの症状が
できてきてしまいます

うっかり顔の日焼け対策をしないまま、晴れた屋外に出かける
と顔がほてったり、ヒリヒリしたりしませんか

それはもう紫外線で肌が日焼けをしている状態なのです

地上に降り注ぐ紫外線の中にはUVAとUVBの2種類がありますが
そのうちUVBは特に有害性が高く、長時間浴びることで
肌の炎症を起こしてしまいます

UBAも肌の弾力やハリを保つコラーゲンの機能を狂わせて
しまい、肌の老化を進行させてしまいます

そして、UVBのUVAよりも肌に強い刺激を与えるため、肌の表面
に炎症を起こし、シミやそばかすなどの原因になります

そうなってしまってからでは遅いので、ちょっとした外出の
時でも、日焼け止めを塗っておく事をお勧めします

日焼け止めにはSPF値とPA値という指標が記載されていると
思いますが、SPF値はUVBをブロックする指標であり、PA値は
UBAをブロックする指標です

この値が強ければそれだけそれぞれの紫外線を長時間防ぐ
ことができるのですが、数値が高ければその分落ちにくかったり、
肌への刺激が強かったりするので、日常で使用ものは
少し値が弱いものをこまめに塗り替える方が、顔の肌への
負担を抑えることができます

日焼け止めをつけっ放しにしても、やっぱり肌にはあまり
よくないものです

1日の最後にはしっかりクレンジングで洗顔し、きれいに
洗い流しましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。