日焼けの予防方法

一時期に比べると日焼けを積極的にするという人が減り、
逆に日焼けは絶対にしたくないという人が増えてきています

国も昔は骨を丈夫にするためにビタミンD摂取のため日光浴を
推奨していましたが、そのような文献は今ではどこにも見当たり
ません

それは太陽光に含まれる紫外線が及ぼす様々な悪影響が注目
され、その予防方法に着眼されるようになったからです

5月頃から日差しがどことなく痛く感じるようになりませんか
それというもの、紫外線は5月から8月が一番強いと言われ、
特にその中でも午前10時から午後2時が最も強い時間帯であると
言われています

つまりその時期の紫外線による日焼けの予防が重要なのです

日焼けの予防方法といっても難しい事をするわけではありません
重要なのは根気です

ちょっとした外出であっても、帽子や日傘、日焼け止めクリーム
といった日焼け対策を怠らない、その根気こそが日焼けの予防
には無くてはならないものなのです

ベランダに洗濯物を干しに行くときでも、出来る限り長袖に
着用し、肌が露出する部分にはSPFが弱めでも構わないので
日焼け止めを塗るようにしましょう

日焼け止めがべたべたするから嫌だという人は少し屋外に
出るだけなら、化粧パウダーを付けるだけでも紫外線が
拡散するので日焼けを抑えることができるようです

何はともあれ、紫外線が強い時間帯には屋外に出ないことが
一番の予防だと思われますが、そんな訳には行かない人も
たくさんおられると思いますので、日差しが強いときに
屋外に出るときは、十分な予防をしてから出ましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。