日焼けの後の治療

強い日差しが照りつける屋外では日焼け止めを
塗っていないとすぐに肌が焼けてしまいます

そんなに太陽には当っていないはずなのに
鼻の頭が赤くなっている事ってありませんか

それはもう日焼けをしているということなんです
これぐらいなら、しばらく放っておいても大丈夫
だろうと何もしないでいるとシミやたるみの
原因になりかねないので十分に治療することが大切です

日焼けをしたと感じたら、まずは冷やしてあげることが
大事です

日焼けは火傷を同じなので、同じように冷やしましょう

次にこれも火傷と同じ対処法になるのですが、焼けた肌
は水分が失われいるため、体内から水分を補給してあげ
ましょう

肌に潤いを戻させるためには、水分が欠かせません
日焼けの炎症が治まってきたら、乳液や保湿剤などで
肌のケアをしてあげるのも効果的です

焼けてしまった肌はメラニン色素が浮き出て黒くなりますが
それも肌のターンオーバーで次第に消えていきます

しかし、日焼けの程度が酷いとターンオーバーでの回復
だけでは修復できません

水疱ができてしまうほど酷い場合は、医師に診断してもらう
方が安全です

特に年齢を重ねるごとに肌の新陳代謝機能も低下してくるため
若い頃は大丈夫だったと過信して、日焼けをするととんでもない
ことになる恐れがあるので、30代40代の人は気を付けましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。