上手な日焼けの仕方

どんなに上手に日焼けをしたと言ってもそれは
皮膚を火傷したことと同じことなので、全く
影響が無いわけではありません

少なからず紫外線を浴びていることになりますの
で、肌の光老化の影響があると思います

ただ紫外線の影響を出来るだけ抑えて肌を
焼くと言う事であれば、いくつかのポイントを
抑えておけば可能であると思います

上手な日焼けの仕方のポイントは
まず強烈な紫外線で一気に焼かない事です

特に肌が白い方はわざわざ焼かなくてもいいと
思うのですが、それでも焼きたいという方は
肌を徐々に紫外線に慣らしていかなければいけません

皮膚のメラニン色素による防御作用を段階的に
活性化させていき、肌を褐色にさせていくのです

又、上手に日焼けをするためにはサンオイルや
日焼けクリームと言ったアイテムを活用する手段も
ありますが、使用する際は正しい使い方をしましょう

さて、一日数時間ずつ焼いていても、肌が火照ったり
ヒリヒリすると思います

そのような状態は火傷と同じ状態ですので、水や濡れ
タオルなどでしっかりと冷やすことも上手に日焼け
するためには必要です

さらには日焼けをする肌が水分が少ない状態であるため
保湿のケアも怠ってはいけません

この保湿を忘れずにしないと、肌の老化が加速的に
進行していくことになるでしょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。