日焼けクリームを使う

日差しが強くなり、夏が近づいてくると
ちょっと肌を黒くしておきたいと思う人もいると思います

5月〜6月にかけて夏への準備とでも言うのでしょうか
海岸や公園など至るところで寝そべっている人を見かけます

肌を焼いているんですね

最近では何も塗らずに日焼けをしている人は全くいません
仕事で焼けてしまった人は仕方がないですが、基本的には
日焼けする際には日焼けクリームのような肌に直接紫外線が
当らないようにするものを塗ります

地上に到達する紫外線にはUVAとUVBがあり特にUVBは
UVAよりも有害性が高く、免疫力の低下や皮膚ガンや白内障
の原因であるとも考えられています

これらの紫外線を透過させる量を調節し、適度に肌を焼く
ことが日焼けクリームの効果なのです

つまり、日焼けクリームには紫外線を吸収またはブロックする
成分が含まれているということです

そう考えると日焼けクリームは日焼け止めクリームとよく
似ていますね

肌を有害な紫外線から守りながら、ゆっくりと日焼けさせる
クリームが日焼けクリームというものなんです

結構勘違いされるのが、日焼けクリームを塗れば
あっという間に小麦色の肌に焼けてくれるというもの

そんなに急に焼けてしまったら、それこそ痛くても
夜も寝られないでしょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。